【クイズ形式】○○に入ったロストボール その後の驚きの運命は!?

ゴルフボールで書いた文字

先日の「ブリヂストンオープンゴルフ特別編」観ましたか!?

時松選手や宮里選手などの5人のプロゴルファーが、超絶ミッションに挑戦するという趣向の番組です。

お笑い芸人のFUJIWARA原西も出ていて、とても、楽しく、見ごたえもバッチリでした!

その番組を観ていて、今回のテーマ「ロストボール」を思いついたので、今回は、こちらを説明していきたいと思います。

※最後に、まとめのクイズがありますので、頑張って、全問正解してください!(記事内にも、いくつか、クイズがあります)

ロストボールって何!?

では、ここで、いきなりの問題です。

問題:ゴルフに関する用語で「ロストボール」というものがありますが、一体、これは、どんなボールでしょうか!?


Answer:「深いラフや池などに入ってしまって見つからなくなったボール」のこと。
そのまんまでした! セルフプレイ(キャディーさんを帯同せずにプレイすること)の場合、結構、行方不明になることがあるんです!
なんたって、直径がわずか4cm程度のボールですからね!

ゴルフボールの直径

 

ゴルフコースの中には、足首まで隠れてしまうような、もの凄く深いラフもあるので、そんなところにボールを打ち込んでしまうと、いくら探しても見つからないことがあるんです。

そりゃー、プロのように、フェアウェイや、ラフでも浅いところにボールを打つことができれば、ボールを見失うなんてことはないでしょうが・・・。

特に、初心者の場合なんて、右に曲がるわ、左にも曲がるわで、なかなか、フェアウェイを歩かしてくれませんから!

私の場合も、最初の頃は、深いラフにつかまってしまうことが多く、一体、何個のボールをなくしたことか!?

下の写真は、冬のゴルフコースで黄色いボールを使った場合ですが、枯れた草の色と同化してしまって、見つけるのが大変です!

ラフのゴルフボール

では、ここで、また、問題です。

問題:深いラフにボールを打ち込んでしまった場合、いつまでも、そのボールを探すわけにはいきません。では、新ルールでは、一体、どれくらいの時間、ボールを探すことが許されているでしょうか?


Answer:「ボールを探すことが許されている時間は3分」でした!
2019年のルール改正までは5分までは許されていたんですが、プレイファストの観点から、捜索時間は短縮されました。

 

池に入ったボールはどうなるのか!?

ところで、打ったボールが池に入った場合は、どうなんでしょうか!?

普通のゴルフボールは水に浮きませんので、当然、池に入ったボールは池の底に・・・。

従って、この場合も、ロストボールとなります。

ちなみに、私のロストボールは、この池に吸い込まれたものが、圧倒的に多いです。

ざっと数えてみると・・・。悲しくなるので、やめておきます。

ウォーターハザード

では、ここで、問題です。

問題:冒頭に紹介した「ブリヂストンオープンゴルフ特別編」では、5人のプロゴルファーが超絶ミッションに挑戦してくれましたが、最後に設けられた、とんでもないミッションとは、一体、どんなミッションだったでしょうか?


Answer:「わざとボールを池に入れて、ウォーターショットでグリーンを狙え」でした!
視聴者にとっては、ウォーターショット(池の浅いところにあるボールを打つこと)なんて、滅多に見られるものではないので見ごたえ十分でしたが、プロゴルファーに対して、「わざと池に入れろ」なんて、なかなか、ぶっ飛んだ企画ですね!
ちなみに、ボールが池に入っても、水深が浅くて、そのまま、ボールを打つことが出来れば、それは、ロストボールにはなりません。

 

さて、話を池に入ったロストボールに戻しますが、このボール、その後、一体、どうなると思いますか!?

実は、この池に入ったボールは、専門の業者が池から回収して、それを、洗浄・漂泊して「ロストボール」という商品として安く販売しているんです。

私は、ロストボールを販売している業者に、一体、どの位、貢献してきたんでしょうか!? (´;ω;`)ウゥゥ

ロストボールって安いけど、性能としてはどうなの!?

私自身が多大な貢献をしてきたロストボールですが、一体、どの位の値段で販売されているんでしょうか?

ロストボールの価格

カップに入ったゴルフボール

新品のゴルフボールは1ダース(12個)で5,000円程度で販売されていますが、ロストボールの場合は1ダースで1,000円程度という値段で販売されています。

もちろん、ロストボールでも、新品に近かったり、売れ筋で人気のボールなら、もっと高い場合もありますし、見るからに中古だったり、キズや汚れが残っているものは、もっと安いものがあります。

では、ロストボールの性能はどうなんでしょうか!?

ロストボールの性能

割れたゴルフボール

ひとくちにロストボールといっても、その日初めて使う新品のボールを深いラフに打ち込んでしまった場合もあれば、何度も使っていたボールが池に入って半年後の回収された場合もあるので、いちがいに、その性能は比較できません。

ただし、上記の例でいえば、池に長い期間浸かっていると、やはり、ボールの性能は落ちてしまします。

1週間水につけておいたボールは約6ヤード(1ヤードは約0.91m)、半年間水につけておいたボールは約15ヤード、飛距離が落ちるそうです。

※プロや上級者にとっては、15ヤードの飛距離の差は大きいでしょうが、初心者にとっての飛距離は、ボールの性能よりも、腕の影響の方が大きいので、個人的には、ロストボールで十分だと思います。

最後に、ロストボールに関するクイズに挑戦しよう!

では、最後に、これまで、説明させていただいたことを、クイズ形式でまとめましたので、挑戦してみてください!

問題1)ゴルフ用語のロストボールとは、どんなボールだったでしょうか?


Answer:「深いラフや池などに入ってしまって見つからなくなったボール」でした!
これは、簡単でしたね!

 

問題2)ロストボールを探す場合、一体、どの位の時間が許されているでしょうか?


Answer:「捜索に許されている時間は3分間」です!
2019年のルール改正で5分から3分に短縮されましたが、ファストプレイの観点に基づいた改正の1つです。

 

問題3)水深の浅い池に入ったボールを、そのまま打つことを何と呼ぶでしょうか?


Answer:「ウォーターショット」でした!
この場合は、ロストボールにはならず、ペナルティもなく、そのまま打つことができます。
ただし、プロでも難しいショットなので、初心者の方が成功することはないとは思いますが、一度は、挑戦してみたいですね!

 

問題4)池ポチャしてしまったボールや、深いラフに入って見つけられなかったボールは、その後、どうなるでしょうか?


Answer:「専門業者が回収してロストボールとして販売される」です!
ちなみに、池に入ったボールは、ダイバーが潜って回収するそうで、ヘドロだらけの池に入ることもあるそうです!
大変なお仕事ですね。

 

問題5)ロストボールは、新品と比較すると格段に安いですが、果たして、その性能はどうだったでしょうか?


Answer:「池などの水に長期間浸かっていると飛距離が落ちる」でした!
でも、そのロストボールが池から回収したものか、ラフなどから回収したものかは、見た目では判断できないので、結局のところ、当たり外れがあると考えた方が良いようです。

 

さて、今回は、ロストボールについて、説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

クイズは、全問正解できましたか?

初心者のうちは、「ゴルフコースに出るたびにボールがなくなってしまって、毎回、ボールを買わないといけない」なんてことがありますが、そんな場合には、一度、ロストボールを試してみてはいかがでしょうか?

では、又の機会にお会いしましょう!!